ほうれい線治療の高周波マシン(サーマクールなど)の選び方

働く女性の美しい毎日を応援する Graceful
【特別編】ほうれい線の治療で消し若さを取り戻す

TOP » ほうれい線の治療方法 高周波・赤外線・レーザー » 編集部より:高周波・赤外線・レーザーの選び方
高周波・赤外線・レーザー

ほうれい線の治療方法 高周波・赤外線・レーザー編集部より高周波・赤外線・レーザーの選び方

ほうれい線のレーザー治療クリニックの選び方

ほうれい線の改善効果が期待できるレーザー治療には、多くの種類があり、それぞれ特性が異なります。サーマクールやウルセラ、アルテミスシェイプなど、レーザー治療を受ける際には、どのような点に注意してクリニックを選べば良いのか、ポイントを整理しました。

ほうれい線の高周波・赤外線・レーザー治療を受ける
クリニックの選び方

「メスを使った施術には抵抗がある」、「ダウンタイムが長いのは嫌」という女性に選ばれているのが、超音波や高周波を照射する照射系治療です。肌への負担が軽く、術後の腫れが少ないのでお手軽感がありますね。しかし、照射治療も手術と同じように医師のスキルやテクニックに左右されます。医師選びを間違えてしまい、本来の効果が得られなかったり、ダウンタイムが長引いてしまったりするケースは多々存在します。満足のいく治療を受けるためにも、クリニックの選び方をしっかり覚えておきましょう。

カウンセリングに力を入れているか

施術の前には必ずカウンセリングが行われます。肌の状態や日頃悩んでいること、治療についての疑問点、予算などを相談し、納得した上で治療を受けるのが望ましいです。カウンセリングの内容も大切ですが、疑問を投げかけたときの返答が丁寧かどうか、専門用語を使わず、素人でも分かりやすい説明を心掛けているかどうかなど、医師やスタッフの応対も重要です。患者のことをしっかり考えているクリニックなら、患者が納得いくまで説明をしてくれますし、費用面にも親身になって相談に乗ってくれるはずです。

無理に1つの治療をオススメしてこないか

クリニックによって、得意の治療は異なります。おすすめの治療を押してくるのは当然のことですが、他の治療を聞いても説明をしなかったり、提案を断ったりするのは問題外です。素人からしてみると「最も適している治療はコレです」と断言してもらえた方が選びやすいですが、良心的な医師は、イチオシの治療以外にも2番手、3番手の治療も併せて説明し、メリット・デメリットを解説した上で一緒に治療法を決めてくれるものです。一つの治療に執着する医師は、他の治療に自信がないのかもしれません。

高周波・赤外線・レーザー以外の治療も行っている医師か

ほうれい線治療は、照射系治療の他にもヒアルロン酸注入や溶ける糸、メスを使うフェイスリフトなど、様々な選択肢があります。多くの治療を行っているクリニックなら、各治療の特性を熟知していますし、あらゆる治療の中から最適な治療を提案しているはずです。例えば、「とにかく今すぐたるみを改善したい」という人には、照射系治療よりも溶ける糸やフェイスリフトが向いていますし、「定期的に通院するのが面倒」という人には、注入療法が適しているケースもあります。症状によっては、照射系治療以外の治療が適している可能性もあるので、できるだけ多くの治療を手掛けている医師を選ぶようにしましょう。

高周波・赤外線・レーザーでほうれい線治療を受ける
スケジュール

実際に照射治療を行うことになった場合、治療のスケジュールを組むことになります。「今すぐ改善したい人」と、「日常生活に支障の少ない施術を受けたい人」とでは、適している治療もスケジュールの立て方も異なります。それぞれのメリット・デメリットを踏まえた上で、自分に合った治療を選びましょう。

今すぐにでも施術を受けたい方はコレ

ほうれい線をできるだけ早く改善したい人は、即効性があり、リフトアップ効果の高い、サーマクールやウルセラなどの施術がおすすめです。また、たるみが進行している場合は、他の照射系治療や注入治療を組み合わせることもあります。その場合、治療時間は数時間に及ぶこともあるため、まとまった時間を確保できる日を選びましょう。また、ヒアルロン酸注入などの注入療法を併用する場合は、内出血が数日残る可能性があるため、お仕事や学校の休日前に受けることをおすすめします。

ダウンタイムなどを考慮しつつ受けたい方はコレ

「周囲にバレずに若返りをはかりたい」、「仕事に支障のない治療が良い」という人は、ポラリスやタイタン、テノールといった複数回の治療がセットになった治療がおすすめです。ただし、これらの治療は短いスパンで定期的な施術が求められます。診療時間内に定期的な通院が可能かどうか、シミュレーションしておくことが大切です。また、人気のクリニックだと希望の日に予約が取れない恐れもあります。予約状況もしっかり確認しておきましょう。

Graceful編集部よりお肌の引き締めを重視するなら高周波・赤外線・レーザー治療

照射系治療のまとめとして、これから治療を受けられる方にアドバイスをお届けします。

ほうれい線の治療には、照射系治療の他にも、ヒアルロン酸注入などの注入治療、溶ける糸を使ったリフトアップ、メスを使った切るフェイスリフトなどがあります。その中でも、肌に異物を入れることなく治療できるのが照射系治療の魅力です。また、照射系治療はリフトアップ+引き締め、美肌効果も期待できるという、他の治療では得られない総合的な底上げ効果が得られます。 ただし、手軽な治療だからと言って、安易に値段で選んでしまうのは禁物です。医師の経験や技術が少ないと、本来の効果が得られなかったり、治療後の腫れや赤みなどのトラブルが起きたりする恐れがあるからです。どんなに素晴らしい機器を使っても、医師が良いとは限りません。名医を選ぶことが、満足のいく結果に繋がります。

イメージ
TOP