高周波・赤外線・レーザー

ほうれい線の治療方法 高周波・赤外線・レーザーポラリス

ポラリスのほうれい線改善効果を解説します。

切らないほうれい線治療の中でも特にリーズナブルな価格が魅力のポラリス。一般的にダウンタイムがなく、術後の腫れや赤みも出ないため、定期的に治療を受けやすい点が評価されています。治療の特徴やメリット・デメリット、口コミをご覧ください。

ポラリスによるほうれい線の治療法とは

ポラリスが向いているのはこんな人

  • 少ない費用でほうれい線をケアしたい人
  • 肌に負担の少ない治療を希望する人
  • 毛穴の開き、引き締め、若返りまでまとめてケアしたい人
1回あたりの
施術費用(平均)
3~10万円
効果の継続期間 1~3ヶ月
ダウンタイム ほとんどなし

ポラリスは、高周波とダイオードレーザーを同時に照射して、肌を引き締めてシワやたるみを改善する治療法です。肌の真皮層に熱エネルギーを与えることで、コラーゲンやエラスチンを生成させ、肌のハリや弾力をアップさせます。他のレーザー治療器に比べて熱量が少ないため、痛みや腫れのリスクが少ないのが特徴。個人差がありますが、肌が敏感な方でも受けやすいと言われています。肌への負担が少ないメリットがある反面、効果の持続期間は約1~3ヶ月と短く、効果を持続させるためには5回程度の治療が必要です。費用はリーズナブルなので、通院回数や手間、価格のバランスをふまえて選択すると良いでしょう。

ポラリスに期待できる効果

ポラリスは小じわや肌の引き締め以外にもシミやくすみにも効く嬉しい効果がたくさんあります。また、施術後約3ヶ月間、肌の内側でコラーゲンとエラスチンを増やし続けるのでたるみやシワの改善を助けてくれます。
ポラリス後はコラーゲンが増え、肌の土台が整うので肌の引き締め効果だけでなく、オイル肌が原因のニキビやニキビの跡も綺麗にしてくれるので、肌質改善を望んでいる人には大変おすすめです。サマークールよりも出力が低いので、敏感肌を持つ人や痛みに弱い人も安心して施術を受けることができます。

ポラリスに期待できるほうれい線への効果

ポラリスはダイオードレーザーとサマークールなどの治療で知られる高周波(RF)を組み合わせた肌の深部に熱エネルギーを加え、シワやたるみを改善してくれる治療です。
熱エネルギーを加える部分は肌の表皮から真皮と、サマークールに比べて浅いものの施術時間は10分ほどで、価格もレーザー治療の中ではかなり安く、施術中のリスクやダウンタイムがほとんどない為、繰り返し行うことで、日常生活で他の人に気付かれることなく、徐々にほうれい線の改善をすることができます。

ポラリスのメカニズム

ポラリスは表皮の約1.5mm下にある真皮層に熱エネルギーを加え、肌の表面に近い部分のコラーゲンやエラスチンの増加を促します。コラーゲンやエラスチンが密度のある正しい配列にするので、肌のハリが増すことによってシワやたるみへの効果が得られます。さらに表皮の皮脂分泌の異常によるニキビの改善にも同時に働きかけます。
ポラリスは高周波によるシナジー効果と、シワ取りの機能に長けているダイオードレーザーを組み合わせた最先端のギャラクシーレーザーです。大きな特徴は、サマークールやウルセラに比べて非常にリスクや痛みが少なく、より即効性があること。施術後、肌のハリをすぐに感じることができます。
比較的軽度のたるみや肌表面の小ジワ、毛穴の開きの治療に適している上、価格もサマークールなどの他の光治療に比べて手頃で肌への刺激も少ないです。ポラリスの施術を受けた同日に他のシミ治療やたるみ治療を組み合わせて受けることも可能です。
効果は約1ヶ月と短いですが比較的安価で即効性があるので、大切なイベントなどが控えているときや、リフトアップや肌質改善をレーザー治療で試してみたいという人には大変向いています。

ポラリスのメリット・デメリット

メリット
レーザー治療の中でも特に安価で続けやすい
タイタンに並び、たるみ治療器の中では安価な部類になります。サーマクールやウルセラに比べると費用は1/3以下になるので、お試し感覚で受けられます。
治療時の痛みや肌への負担が少なく、ダウンタイムがほとんどない
治療後に若干の赤みが出る人もいますが、基本的にはダウンタイムはなく、施術直後からメイク可能です。
肌質も改善できる
ポラリスは1回の施術でも肌の引き締め効果を実感しやすいと言われています。コラーゲンの産生も活性化されるため、ニキビなどの肌質改善効果も期待できます。
デメリット
持続期間が短い
安価でダウンタイムが少ない反面、効果の持続期間は短めです。ダウンタイムを伴ってでも、永久的な効果を得たい人は他の施術が向いているでしょう。
効果を実感するまでには、5回程度の施術が必要
たるみやシワ改善を確実なものにするには、繰り返しの施術が必要です。
重度なたるみには効果が薄い
軽度のたるみや初期のほうれい線には期待できますが、ブルドッグ顔のような進行したたるみには効果が薄いようです。

ポラリスの治療の流れ

  1. カウンセリング
    患者の悩みや希望をヒアリングし、ほうれい線やフェイスラインの状態を確認し、ポラリスが適応されるか判断します。
  2. 洗顔
    顔全体をクレンジング・洗顔して、照射する部分を清潔にします。
  3. アイシールド
    照射から目を保護するために、アイシールドを装着します。
  4. ジェル塗布
    顔全体に専用のお肌を冷やしながら保護するジェルを塗布します。
  5. 施術
    テスト照射を行い、施術部位に異常がないことを確認してから、高周波(RF)とダイオードレーザーを同時に照射していきます。
    照射は大体30〜40分ほど。ポラリスはほとんど痛みを感じることはありませんが、万が一、痛みや異常を感じた時には医師に相談してください。
  6. アフターケア
    ジェルをふき取り、洗顔します。施術直後からメイク可能です。ただし、人によってはわずかにかゆいと感じる、赤みが気になることもありますが、すぐに治ります。もし心配なら医師に相談しましょう。
    帰宅後はしっかりと保湿ケアをしてください。

ポラリスの口コミ評判をチェック

「直後から肌のハリを実感」/品川美容外科
以前からたるみが気になっていて、先生からお勧めされたポラリスを受けることにしました。施術中の痛みは特になく、30分間くらいで終了。施術直後から肌がピンと張ったような感覚があり、その後、コラーゲンも摂取した為、さらにハリが増しました。施術後にコラーゲンを摂取するとさらに効果が増すと思います。
「手頃な料金が嬉しい」/品川スキンクリニック
顔のたるみ治療をネットで調べているうちに、手軽な料金で施術できるポラリスを見つけました。施術前にはしっかり説明があり、安心して施術できました。照射時に少し痛みはありますが、我慢できる程度。初回だし、お試しなのではっきりとした効果は実感できていませんが、負担が少ない治療なので続けて受けてみたいです。
「化粧のノリがかなり良くなりました」/品川スキンクリニック
施術ではピリピリとした痛みがあり、場所によっては痛い!と思うこともありましたが、麻酔をするほどの程度ではなかったです。治療が終わったすぐ後でも赤みや腫れはなく、シワが薄くなり、リフトアップされた感じがしましたその後は、肌が明るくなり、化粧のノリも良くなるなど効果を実感できました。

Graceful編集部から見たポラリス

ポラリスの最大の魅力は、リーズナブルな価格で気軽に治療できる点です。脂肪による大きなたるみには不向きですが、初期のほうれい線やたるみ予防として、継続的にケアをしていくには十分な効果が期待できます。また、他の治療器に比べて熱量も弱いので、痛みが弱い人も安心です。ただし、数週間置きに治療を受ける必要があるので、忙しい人や出不精の人にはしんどいかもしれません。治療の特性をよく理解した上で、治療を受けることをおすすめします。

イメージ
TOP