高周波・赤外線・レーザー

ほうれい線の治療方法 高周波・赤外線・レーザースマスアップ

スマスアップのほうれい線改善効果を解説します。

スマスアップは美容先進国イスラエルの会社が開発した、たるみ治療器です。痛みやダウンタイムが少なく、治療直後から引き締め効果を実感できるそうですが、ほうれい線にはどの程度の効果が見込めるのでしょうか?治療の特徴を解説します。

スマスアップによるほうれい線の治療法とは

スマスアップが向いているのはこんな人

  • 痛みやダウンタイムのある治療が嫌な人
  • ほうれい線だけでなく小顔効果も得たい人
  • 手術のような劇的な変化を求めていない人
1回あたりの
施術費用(平均)
1回3~5万円
効果の継続期間 1回で2~3週間
ダウンタイム ほとんどなし

スマスアップは「アンチエイジングトリートメント」とも呼ばれる機械で、高周波と電気刺激の二つの周波を用いてフェイスラインやたるみを引き締める治療法です。赤みや腫れなども少なく、直後から肌の引き締め効果を実感できるのが特徴で、超音波のような不快感はありません。スマスアップは、サーマクールやウルセラではアプローチ不可能なSMAS層に照射できるため、ウルセラやサーマクールと併用して行われることもあります。効果を得るためには週1回のペースで5回程通院する必要がありますが、安価で手軽にケアできるのが魅力です。

スマスアップに期待できる効果

スマスアップ(SMAS-up)のSMASとは、表在性筋膜群(Superficial Musclo-Aponeurotic System)のこと。この筋膜はメスを使うタイプのリフトアップ手術でも特に重要視される、顔のたるみを支えるものです。他のマシンが脂肪のみに働きかけるのに対し、スマスアップは電気刺激(DMS)と高周波(RF)という2つの熱エネルギーを同時に与えることによって、電気の刺激により表在性筋膜群にまで効果が到達。たるんでしまった筋肉を引き締め、本来の引き上げる力を改善します。たるみだけでなく、輪郭をシャープにする、二重あごを改善するといった効果も期待できるようです。
もちろん他の高周波マシンと同じく、皮下への効果も抜群。脂肪を収縮させる他、ハンドピースと熱エネルギーの圧力を同時に掛けることによって、脂肪や老廃物の除去にも役立ちます。強い熱エネルギーにより線維芽細胞の代謝が促進されるのもポイント。50歳の方がスマスアップ施術を受けた後、40歳の平均までコラーゲン量が回復したという記録もあるほど、大きな効果の得られるマシンです。

スマスアップに期待できるほうれい線への効果

スマスアップはたるみ=ほうれい線の直接的な原因である、表情筋や表在性筋膜群へ直接的に働きかけられるマシンです。縮みやすいけれど伸びやすい皮膚や、たるみを支える力の小さい脂肪を改善するよりも、一度引き締めればなかなか伸びない筋を改善する方が、大きなほうれい線治療の効果が得られます。
また、ハンドピースと熱エネルギーの圧力による脂肪の引き締め効果、コラーゲンの生成効果、血行やリンパの促進効果など、長期的なほうれい線ケア効果も高いのが特徴です。
ただし、即効性のあるマシンとはいえ、一気にほうれい線を引き上げるほどの力はありません。完全にほうれい線を治療したい場合は、5回程度の背中を目安にしてくださいね。

スマスアップのメカニズム

スマスアップは皮膚の深部に働きかける高周波と局所電気刺激を同時に行なえるのが最大の特徴です。スマスアップに採用されている高周波の照射方法はトリポーラと呼ばれるもの。サーマクールなどに適用されているモノポーラ方式よりも皮膚の深い層にまで熱エネルギーを与えられます。その熱により皮膚深部のコラーゲンが収縮・結びつきを起こし、引き締める効果が得られるのです。
さらに照射と同時に加えられる穏やかな局所電気刺激により、表情筋や骨格筋を収縮させ、熱エネルギーがより深部まで到達するのを助けるのです。本来ならメスを使用した手術でしか改善のできなかった筋肉をしっかりと引き締められる、つまり皮下組織の下からたるみを引き上げられるのがスマスアップ最大の特徴です。
また、照射時に使用するハンドピースで物理的に皮膚を押さえ込むことにより、内部からの熱エネルギーと電気刺激で脂肪層へ圧力を与えます。これにより脂肪や老廃物の除去作用も活性化。血液やリンパの促進も行い、むくみなども起こりにくい状態へと近づけるのです。

スマスアップのメリット・デメリット

メリット
痛みやダウンタイムが少ない
電気刺激のピリピリ感が弱い方を除けば、痛みやダウンタイムが少なく、エステ感覚で治療を受けることができます。
小顔効果が得られる
1回の治療でも引き締め効果を実感する方が多いです。結婚式の前など、イベント前に少しでも引き締めたいという人に適しています。
ゆっくり効果が現れるので、人に気付かれにくい
第三者に気付かれるほどの大きな変化はないため、自然な仕上がりを求める人にはおすすめです。
デメリット
電気治療によくあるピクピクとした感覚がある
超音波にあるようなキーンとした不快感はありませんが、電気治療特有と言われる、筋肉がピクピクする感覚を受けるようです。人によっては苦手に感じるかもしれません。
頬がこけている人には不向き
脂肪によるたるみの解消に向いている治療なので、もともと痩せ気味の人や頬がこけている人のほうれい線解消には不向きです。
手術と同程度の効果は期待できない
SMAS層にアプローチできますが、手術ほどの急激なリフトアップ効果は得られません。口コミでは、大きなたるみにはほとんど効果がないという感想も見受けられます。劇的な改善を望む場合は、手術によるフェイスリフトを検討した方が良いでしょう。

スマスアップの治療の流れ

  1. カウンセリング
    患者の悩みや希望をヒアリングし、ほうれい線やフェイスラインの状態を確認し、スマスアップが適応かどうかを判断します。
  2. 洗顔
    治療部位を洗顔し、清潔な状態にします。
  3. 施術
    照射する際の目安となるマーキングを行います。
  4. 照射
    電気刺激で違和感を覚える人がいるため、出力を調整しながら照射します。
  5. アフターケア
    ダウンタイムがないため、施術直後からメイク可能です。日常生活にも支障はありません。

スマスアップの口コミ評判をチェック

「目の下のたるみやほうれい線が薄くなりました」/下北沢ルミアージュクリニック
顔全体のシワやたるみが気になり始め、スマスアップを受けることにしました。高周波では、金属のボールのようなものがついた機器で、骨にゴリゴリとあてる感じでマッサージされました。電気照射は別の器具でゴリゴリとマッサージをします。少しピリピリとした感覚がありましたが、出力を下げる程ではなかったです。翌朝には輪郭がシャープになり、目の下のたるみやほうれい線が改善されていました。
「痛みに弱い私でも受けられました」/リッツメディカルクリニック
スマスアップは痛みなく若返り効果が得られると聞いて実際に受けてみました。照射時には筋肉がピクピクする感覚がありましたが、ぽかぽか温かく、痛みは全くありませんでした。しかも、たったの1回で引き締め効果を実感!ダウンタイムがないから施術後はフルメイクできるし、驚きの手ごたえでした。

Graceful編集部から見たスマスアップ

スマスアップはダウンタイムが少ないので、サーマクールやウルセラほど医師の技量に左右される心配はないようです。しかし、皮膚の状態によっては照射パワーを調整する必要があるため、極端に経験の少ない医師にあたってしまうと、適切な効果が得られなかったり、赤みが生じてしまったりする可能性もあります。美肌効果よりも引き締めに長けている治療器なので、たるみ改善を第一の目的にしている方におすすめの施術です。

イメージ
TOP