ほうれい線へのヒアルロン酸注入 | 正しいクリニックの選び方

働く女性の美しい毎日を応援する Graceful
【特別編】ほうれい線の治療で消し若さを取り戻す

TOP » 【まずはココから】ほうれい線の治療方法ヒアルロン酸注入 » 編集部より:ヒアルロン酸注入の選び方
ヒアルロン酸注入

【まずはココから】ほうれい線の治療方法ヒアルロン酸注入編集部よりヒアルロン酸注入の選び方

ほうれい線のヒアルロン酸注入、クリニックの正しい選び方をお教えします。

美容外科でほうれい線のヒアルロン酸注入を検討されている方に向けて、医師やクリニックの選び方を解説しています。安全で納得のいく治療を受けるために抑えておきたいポイントや、治療スケジュールの組み方のアドバイスなど、ぜひご参考ください。

ほうれい線の
ヒアルロン酸治療を受ける
クリニックの選び方

ほうれい線治療の中でも、ヒアルロン酸注入は最もポピュラーな治療法です。リスクや副作用も少なく、価格もお手頃なので非常に魅力的ですね。しかし、失敗して後悔している方の口コミも存在します。このようなケースを少しでも減らせるよう、クリニックの選び方をまとめました。ぜひ、お役立てください。

アンチエイジングに特化した医師が所属している

ヒアルロン酸治療の仕上がりは、医師の技術や経験の差が大きいです。大手の美容外科だから安心、知名度があるから失敗しない、というわけではなく、医師の実績に着目したクリニック選びが大切です。クリニックのホームページを見る際には、必ず医師の実績や得意とする治療を見るようにしましょう。美容整形は様々なジャンルがあるので、シワやたるみなどアンチエイジング治療が専門の医師だと、より安心でしょう。

使用されているヒアルロン酸が高品質か

一口にヒアルロン酸と言っても、世界中の様々なメーカーから薬剤が販売されています。安全性と効果を兼ね備えた高品質のヒアルロン酸もあれば、体内にすぐに吸収されてしまうものもあり、効果は薬剤によっても大きく変わります。自分のクリニックが扱う薬剤に自信を持っている場合はホームページ上に「○○社の薬剤を使用」とか「最高品質の薬剤を使用」といった記載があるはずです。カウンセリング時には、必ず使用する薬剤の種類を確かめ、品質が高いものかどうかを確認しておきましょう。

価格が安すぎず高すぎずちょうどいいか

クリニック選びでは、価格で比較してしまいがちですが、あまりに安すぎるクリニックは注意が必要です。品質の劣る安価な薬剤を使っている可能性がありますし、わざと注入量を少なくして追加注入を促し、結局他のクリニックよりも高くなってしまうことにもなりかねません。もちろん、相場よりも高すぎるクリニックも利益優先主義である可能性があります。ヒアルロン酸注入のほうれい線治療は、8~10万円がだいたいの相場なので、目安として覚えておきましょう。

ヒアルロン酸注入で
ほうれい線治療を
受けるスケジュール

ヒアルロン酸注入は、10分程度の施術で終わる治療なので、カウンセリングを含めても1時間以内で終わる場合がほとんどです。また、施術当日から普段通りの生活ができるので、仕事に支障が出ることはありません。とはいえ、術後数日~1週間程度は内出血や腫れが起こることもあるため、できれば休みの前日に行うのが理想です。

今すぐにでも施術を受けたい方

まずはクリニックに問い合わせ、カウンセリングと施術を同日にできるかどうかを確認しましょう。予約日にクリニックへ出向き、カウンセリング内容に納得できたら、そのまま施術となります。一般的に、仕事や学校が休みの前に施術を受けたい方が多いため、週末は予約が取りづらい傾向にあります。平日に狙いを定めた方が、早く予約が取れる可能性が高いでしょう。

ダウンタイムなどを
考慮しつつ受けたい方

施術後は、注入箇所の内出血や腫れが起こることがあるので、施術後に予定を入れるのは控えておく方がよいでしょう。内出血や腫れはメイクで隠せる程度ですが、周囲に絶対にバレたくないという方は、施術翌日~翌々日くらいまでお休みを取っておくと安心かもしれませんね。

Graceful編集部よりまずはヒアルロン酸注入からほうれい線治療をはじめてみては

初めての人に最もおすすめの治療

ヒアルロン酸注入は、10分程度の時間で即、悩みを解消できる施術です。体の負担が軽く、痛みも少ないので、美容整形が初めての人にも、気軽に挑戦できるでしょう。万が一、デザインが気に入らなかった場合も、溶解注射で溶かすことも可能です。溶ける糸やメスを使ったフェイスリフトを受けるよりも失敗のリスクも少ないですし、まずはヒアルロン酸注入で医師の腕や信頼性を確かめてから、他の治療を検討してみるのがおすすめです。いずれにしても、信頼できる医師を選ぶことが、満足のいく結果に繋がりますから、医師選びは慎重に行ってくださいね。

イメージ
TOP