糸(スレッドリフト)のほうれい線治療 | 編集部が教える正しいクリニック選び

働く女性の美しい毎日を応援する Graceful
【特別編】ほうれい線の治療で消し若さを取り戻す

TOP » ほうれい線の治療方法 糸を使用した切らない治療(スレッドリフト) » 編集部より:糸(スレッドリフト)の選び方
糸を使用した切らない治療<br>(スレッドリフト)

ほうれい線の治療方法 糸を使用した切らない治療(スレッドリフト)編集部より糸(スレッドリフト)の選び方

糸によるほうれい線治療、医師やクリニック選びのポイントは?

糸によるほうれい線治療は、1回の施術で高いリフトアップ効果が見込める施術です。一方で、腫れや不自然な仕上がりが起こる恐れもあり、ハイリスク・ハイリターンな側面もあります。スレッドリフトは、照射治療や注入治療以上に医師選びが大切です。名医を見極めるためのポイントをまとめていますので、ぜひ活用してください。

ほうれい線の
糸(スレッドリフト)治療を受ける
クリニックの選び方

スレッドリフトを行う美容外科や美容皮膚科はたくさんありますが、技術には大きな差があります。顔の内部に糸を埋め込む治療の特性上、不適切な入れ方をすると腫れや痛みが増大しますし、肌の表面に凸凹が起きたり、糸が透けて見えたりするなど、トラブル事例も報告されています。治療で後悔しないためにも、医師選びのポイントを抑えておきましょう。

最新の技術を取り入れたクリニックであるか

スレッドリフトは術式によって仕上がりや術後の予後が変わってきます。治療法によっては効果が低いものや長続きしないものもあるので、できるだけ最新の技術を取り入れたクリニックがおすすめです。最近は、ダウンタイムが少なく、かつナチュラルな仕上がりを実現する、大変優れた術式が登場しています。また、失敗した場合のリスクを踏まえると、いずれ糸が溶けてなくなる「溶ける糸」を使った施術の方が心理的な安心感があるでしょう。

エイジングケアを得意とする医師が所属しているか

ほうれい線やたるみ治療は、一人ひとりの症状や原因を見極め、適切な治療を行うことで、満足のいく結果を導き出せます。自分では「スレッドリフトを受けたい」と思っていても、もっと安価で負担の少ない治療で済むこともあります。できるだけ多くのエイジング治療を手掛けている医師なら、原因を的確に見極め、最も適した治療法を提案してくれます。美肌やエイジングケアを得意とする医師が在籍していると、より安心でしょう。

症状や希望に応じた提案をしてくれるか

ほうれい線は原因や症状によって治療法が変わってきます。例えば、皮膚のたるみが原因の場合は、タイタンやリファームなどの引き締めを重視した照射治療が適していますし、脂肪の蓄積が原因の場合は、筋膜からリフトアップする照射治療や、スレッドリフトが適応となります。ほうれい線=スレッドリフトと決めつけることなく、症状や予算の希望などに応じて柔軟な提案をしてくれる医師を選びましょう。

糸(スレッドリフト)で
ほうれい線治療を
受けるスケジュール

糸による治療を決めたら、治療のスケジュールを組むことになります。「今すぐに施術を受けたい人」と、「ダウンタイムを考慮して施術を受けたい人」とでは、適している治療もスケジュールの立て方も異なります。それぞれのメリット・デメリットを踏まえた上で、自分に合った治療計画を立てましょう。

今すぐにでも施術を受けたい方はコレ

できるだけ早くほうれい線やたるみを解消したい人は、平日だと比較的予約が取りやすいでしょう。ただし、糸の治療は耳の前を剃毛することもあるので、手術の1週間以上前に美容室に行っておくと安心です。ダウンタイムは個人差がありますが、術後2~3日は腫れや内出血が起こり、長い人は1週間程度続くこともあります。また、治療から1週間後に経過観察が必要になるので、通院も考慮してスケジュールを組みましょう。

ダウンタイムなどを
考慮しつつ受けたい方はコレ

できるだけ日常生活に影響を与えずに治療を済ませたい方は、お盆や正月休みの直前に治療するのがおすすめです。特に、「絶対に人にバレたくない」という人は、治療後1週間はお休みするのがベター。内出血が続くことも踏まえ、余裕を持ったスケジュールでの治療がおすすめです。ただし、お盆や正月はクリニックも同様にお休みとなるため、万が一、トラブルが生じた場合など、緊急時の対応についてしっかり確認しておきましょう。

Graceful編集部より本格的なほうれい線治療をしたい人のための施術

後悔しないためにも、名医に依頼するのが鉄則!

糸を埋め込む施術は、メスを使って皮膚を切る手術よりはダウンタイムが短く、ハードルが低いです。とはいえ、失敗すると不自然な仕上がりになったり、期待するほどの効果が得られなかったりと、治療を後悔する人が存在するのも事実です。成功すれば1回の治療でしっかりとしたリフトアップ効果が期待できますが、リスクも高いため、治療には覚悟が必要となります。どうしても糸のリフトアップ術を受けたいというのであれば、エイジングケアに特化した名医を選びましょう。

イメージ
TOP