TOP » 30代後半からのほうれい線との向き合い方 » 年代で考えるほうれい線ケア方法
イメージ

30代後半からの
ほうれい線との向き合い方

年代で考える
ほうれい線ケア方法

30代・40代・50代の年代別に適切なほうれい線ケアの方法を解説。ほうれい線の悩みを少しでも減らしたい女性は必見です。

ほうれい線の正しいケアの仕方を年代別に紹介します。ほうれい線は、正しくケアすることで進行を遅らせたり、若々しさを取り戻すことも可能です。しっかりケアしていきましょう。

年代ごとに原因が違う?
年代別ほうれい線のケア方法

笑ったときに深く刻まれるほうれい線。生まれながらの骨格により若い頃からほうれい線が目立つ人もいますが、大半の人は加齢に伴う「たるみ」が原因と言われています。ほうれい線は、年齢によるたるみの程度と骨格、脂肪の付き方によって種類が異なり、対策法も変わってきます。

30代のほうれい線
ケア方法

肌のハリや弾力は、皮膚下にあるコラーゲンやエラスチンなどの繊維によって維持されています。ところが、これらの成分は30代を境に激減します。ハリを保つ成分が減少すると真皮層にある表皮を支えきれなくなり、肌表面にたるみとなって現れてしまうのです。30代後半になると真皮の衰えが顕著になり、よりたるみが起こりやすくなります。

ほうれい線やシワにはエイジング化粧品が有効と言われていますが、実は、化粧品を使ってもたるみやシワの根本対策にはなりません。エイジング化粧品はあくまでも表皮を保湿する機能に長けているものなので、それらを使っても肌の表面しかケアできず、たるみの原因となる真皮層や筋膜にはアプローチできないからです。ほうれい線に深く関わる皮下組織を改善するには医学的根拠に基づいた治療が必要になります。

特に、30代後半になると皮下組織の衰えが加速し、皮膚のハリ低下が目立ち始めます。高周波や赤外線など、皮下のコラーゲンやエラスチンの生成を促す治療を受けるのも効果的です。

40代のほうれい線
ケア方法

皮下には脂肪の重みを支える繊維組織や脂肪を包みこむネットがあります。40代に入ると、これらの組織が衰えてしまい、肌の弾力を保つコラーゲンやエラスチンの減少も加速するため、皮膚のたるみが一気に表面化して現れてきます。表情筋も衰えてくるため、マッサージやトレーニングを取り入れると共に、スキンケアの見直しも必要になる時期。エイジング化粧品で保湿や紫外線対策を心掛けていきましょう。

本気で取り組むのであれば、やはり美容医療がおすすめです。30代と同様に、肌全体の若返り効果が得られる照射系治療や、即効性の高いヒアルロン酸注入などの治療なら、少ない負担で効果を実感できます。

50代のほうれい線
ケア方法

50代に入ると、真皮と皮下組織の衰えに加え、皮膚の肥大化が進みます。また、閉経を迎える時期も重なり、肌のハリが急速に失われる時期でもあります。シワがより深く刻まれるようになり、ほうれい線の周りに細かいシワも現れてきます。なかにはしぼんだ風船のように顔全体に小じわが刻まれ、実年齢よりも老けて見える方もいます。

引き続きエイジング化粧品で肌表面のケアをすると共に、引き締め効果の高い治療や、糸を使って皮下組織を持ち上げるスレッドリフト(糸によるリフトアップ)など、一歩踏み込んだ美容医療も有効です。ブルドッグ顔のような進行したたるみを改善できる治療法もあります。

エイジングケア専門医なら
適切なケアを提案してくれる

30代後半からのほうれい線ケアは、症状に適したケアが大切。美容医療の力を借りるのが最も確実な対応策と言えますが、ほうれい線を「治療で改善する」のは敷居が高いイメージがある人も多いと思います。しかし、ほうれい線治療は少ない負担かつ安価な治療も多いですし、実際に治療している人も多いです。美容外科のなかでもエイジング治療に特化した医師であれば症状に適した治療法を提案してくれますし、高額なエイジング化粧品を使い続けるくらいなら治療をした方が確実だと言えます。カウンセリングはほとんどのクリニックで無料ですし、ほうれい線に悩んでいる人、予防したい人は医師に相談してみてはいかがでしょうか。

TOP