ほうれい線治療ガイド | 糸リフト(スレッドリフト)編

TOP » 糸を使用した切らない治療(スレッドリフト)
糸を使用した切らない治療<br>(スレッドリフト)

ほうれい線・顔のたるみの治療方法糸リフト(スレッドリフト)

糸を使用した切らない治療。若々しいフェイスラインへ

糸を使ったリフトアップは、溶ける糸と溶けない糸の2種類があります。どちらも照射系治療や注入治療に比べて高い引き上げ効果が期待できると言われています。それぞれの特長をご紹介します。

糸リフト(スレッドリフト)
が向いているのは、どんな人?

  • ・忙しくて何度も施術が受けられない人
  • ・ダウンタイムの時間が長く取れない人
  • ・フェイスライン全体を引きげたい人
  • ・引き上げ効果も持続期間も希望する人

「溶ける糸」によるリフトアップ

1回あたりの施術費用(平均) 20~50万円
効果の継続期間 1年~3年

新世代スレッドリフトやハッピーリフト、ウルトラVリフトなど、皮膚に吸収される糸を使った施術

「溶けない糸」によるリフトアップ

1回あたりの施術費用(平均) 30~50万円
効果の継続期間 3~5年

スプリングスレッドリフトやシルエットリフトなど、皮膚に吸収されない糸を使った施術です。素材はシリコンやポリエステルなどがあり、吸収されないので長持ちしやすい傾向にあります。

糸リフト(スレッドリフト)を受けた方の声

糸リフト(スレッドリフト)を受けた方の声

成功例・失敗例をそれぞれご紹介

美容外科で糸リフト(スレッドリフト)を受けた方のリアルな口コミや体験談を抜粋してご紹介します。成功した方の感想を見ると「もう他の治療は受けられない」と言う声もある一方で、「頭痛に悩まされている」といった失敗も報告されています。口コミを見ると信頼できるクリニック選びのヒントが見えてきますよ。

糸リフト(スレッドリフト)のQ&A

糸リフト(スレッドリフト)のQ&A

糸リフト(スレッドリフト)のよくある質問とその回答例を抜粋してみました。「アレルギーは大丈夫?」「修正はできる?」「日常生活で気を付けることは?」「スレッドリフト、ハッピーリフトって何が違うの?」など、気になる疑問を解決します。

編集部より:クリニックの選び方

糸を使った施術は、1回の治療で大きな収穫が得られるのが魅力です。常にポニーテールをしているように頬が引き上がり、フェイスラインも引き締まるので、ほうれい線も目立たなくなります。ただし、医師選びを間違えると、仕上がりが不自然になったり、糸が飛び出るなどのトラブルが起きたりします。医師のスキルに着目して選ぶのが鉄則です。複数の医師が在籍するクリニックだと、必ずしも名医にあたるとは限りません。医師の実績、症例を必ず確認してください。

イメージ

Graceful編集部認定糸リフト治療の名医

糸を使った治療の名医は限られています。「症例数が多い」「得意な術式が確立されている」「他院修正の実績が豊富」など、技術の高い医師を選ぶようにしましょう。

筒井裕介

筒井裕介

セオリークリニック

新世代スレッドは、腫れが少ないと評判!

医師の経歴
2003年 順天堂大学医学部卒業
順天堂大学形成外科助手
オザキクリニック勤務
2009年 セオリークリニック開院
所属学会
  • 美容外科専門医
  • 日本形成外科学会会員
  • 日本美容皮膚科学会会員
  • サーマクール認定医
  • 日本美容外科学会会員
  • 日本臨床抗老化医学会会員
  • 日本再生医療学会会員
名医と呼ばれる理由は?
筒井医師は「新世代スレッドリフト」を得意としています。内出血を防ぎ、自然な仕上がりを導く術式で、口コミでも「腫れが少ない」と喜ぶ声が多数。他院修正も積極的に受け入れ、実績も豊富です。一人ひとりのたるみの原因を見極め、オーダーメイドの治療を行っているため、満足度が非常に高いようです。
筒井先生が得意とする糸リフト治療
新世代スレッドリフト
新世代スレッドリフトとは、従来のスレッドリフトが苦手としていた顔表面のリフトアップ効果を改善した、新しいのほうれい線治療方法です。従来の糸によるリフトアップは、顔の側面を伸縮性の少ない糸で引き上げる方法で、顔の正面にはあまり効果がなく、ほうれい線やゴルゴライン等の改善には期待が持てませんでした。それに対し新世代スレッドリフトは、全体にコグ(突起)があり、なおかつ柔軟性のある糸を使用することにより、糸全体を頬の筋肉に沿う形で固定されるため、しなやかな動きが実現します。止める点が多いため引き上げ効果は高いにもかかわらず、自然な仕上がりが期待できます。使用する糸の素材は心臓手術の縫合にも使用される安全なもので、180~240日で体内に吸収されます。先端が丸い特殊な針で挿入するため内出血を予防。1回の施術で効果が期待できるのにダウンタイムもほとんどありません。
中西雄二

中西雄二

表参道スキンクリニック

形成外科のスペシャリスト。医学的根拠に基づいた治療を提案

医師の経歴
1983年 藤田保健衛生大学 大学卒業・入局
1989年 トヨタ記念病院形成外科部長
1990年 藤田保健衛生大学形成外科学教室講師
1996年 慶應義塾大学講師(伊勢慶應病院形成外科)
2000年 慶應義塾大学助教授(伊勢慶應病院形成外科)
2002年 第一なるみ病院形成外科部長
2004年 ヴェリテクリニック総院長 (藤田保健衛生大学形成外科学教室客員准教授)
2015年 医療法人 青貴会 ワイエス美容外科クリニック 開設 院長 就任
2015年 ワイエスグループ院 統括医療部長 就任
(現在 藤田保健衛生大学形成外科客員准教授)
所属学会
  • 日本美容外科学会
  • 国際美容外科学会
  • 国際形成外科学会
  • 日本頭蓋顎顔面外科学会
  • コンピュータ支援外科学会
  • 等々計20学会会員
資格
  • 医学博士
  • 日本形成外科学会専門医
  • 日本美容外科学会専門医
名医と呼ばれる理由は?
中西医師は形成外科と美容外科の両方の専門医資格を持つエキスパート。解剖学に基づいた安全な方法で施術を行い、腫れずに自然な仕上がりを実現しています。 オリジナルの糸を使ったリフトアップで、特殊な糸を口角・アゴ下などの皮膚下に通し、切らずに皮膚を引き上げます。糸は次第に溶けますが、強度があり吸収後にはコラーゲンが増生されるため、ハリツヤ効果も期待できます。自信を持って推奨しています。
中西先生が得意とする糸リフト治療
ツヤ肌コラーゲンリフト
従来のフェイスリフトに使用するものよりも1/3ほどの細さの糸を使用するツヤ肌コラーゲンリフト。なぜそんな細い糸でも大丈夫かというと、先端に着いたアンカー(カギ針形状)が、しっかりと頬のたるみを引き上げた状態を維持するから。この特殊なアンカーと細い糸のおかげで、今までは難しかった額やネックライン、チークラインなど、顔全体を引き上げることができるのです。1年ほどで糸は体内に吸収されますが、刺激によって受けたコラーゲンの生成促進効果は、長く持続します。アメリカ、韓国、日本で特許を取得しているこの糸は、日本国内でも表参道スキンクリニックのみが使用しているそうで、まさに独自の施術だといえます。
TOP