ほうれい線で若返る方法を美容外科スタッフにインタビュー

働く女性の美しい毎日を応援する Graceful
【特別編】ほうれい線の治療で消し若さを取り戻す

TOP » ほうれい線で若返るには? 美容外科スタッフへセキララインタビュー
セキララインタビュー

ほうれい線で若返るには?

美容外科スタッフへ
セキララインタビュー

美容外科スタッフだから知っている

ほうれい線治療の本当のトコロ

スタッフ歴5年以上の3名に、ほうれい線治療の実情を伺いました。

インターネット上には、ほうれい線治療を受けた人の口コミや体験談が数多く存在します。なかには参考になる口コミもありますが、信憑性に欠ける偏った意見も少なくありません。「どうすれば参考になる情報を提供できるのか…?」と編集部内で模索した結果、美容外科で働くスタッフさんにお話を伺うことにしました。
様々な兼ね合いからクリニック名を明かすことはできませんが、異なるクリニックに勤務する3名の女性にほうれい線治療の実情を語っていただきました。

取材協力してくれたのはこの3名

今回の座談会に参加してくださった3名のスタッフ(女性)について、簡単にご紹介させていただきます。

ユカさん
ユカさん/美容外科スタッフ歴8年
  • 30代前半(独身)
  • 全国展開の大手美容外科勤務。ほうれい線の改善目的ではないが、サーマクールとウルセラを経験済み。スレッドリフトに興味あり。
まひるさん
まひるさん/美容外科スタッフ歴5年
  • 20代後半(独身)
  • 個人クリニック勤務(看護師免許あり)。二重埋没法と輪郭&鼻の形成でヒアルロン酸注入を受けたことがある。
Kimikoさん
Kimikoさん/美容外科スタッフ歴12年
  • 30代後半(既婚・子どもなし)
  • 個人クリニック勤務(看護師免許あり)。ほうれい線のヒアルロン酸注入、サーマクールのリフトアップ治療を経験済み。最新の高周波治療や溶けない糸の治療に興味あり。

美容外科スタッフの仮面トーク

本当に名医と呼べる先生は貴重です

患者に本音でぶつかってくれる先生じゃないと…

インタビュアーインタビュアー

まず自己紹介と、皆さんが考える名医の条件についてお話をお聞かせください。

ユカさんユカさん

私は大手の美容外科に勤務していますが、正直言って医師によって治療の良し悪しはかなりの差があります。最低でも5年以上は第一線でバリバリ治療をこなしている人じゃないと、安心してお任せできないかなぁ。

kimikoさんkimikoさん

ホームページで医師の経歴を見るときには「形成外科」の経験があるかどうかもチェックして欲しいですね。形成外科は、解剖学の知識や縫合技術が求められるので、美容外科の手術をするための下地ができているし、形成外科の経歴がない医師に比べると圧倒的に信頼度が高いと思います。私は、勤務先の医師にヒアルロン酸注入をお願いしたのですが、形成外科出身という安心感があったし、仕上がりがとても自然でしたよ。

まひるさんまひるさん

形成外科出身じゃない医師でも優秀な方は多くいますが、「形成外科出身だと良い先生に当たる確率が高い」のは確かですよね。でも、技術があるだけじゃダメ。患者さんの希望だけを優先するんじゃなくて、必要ない治療は「やる必要ない」って本音でぶつかってくれる医師じゃないと。私は二重埋没法を受けたときに、二重幅を広げたいって相談したんですけど、「それは違和感があるからやめた方がいい」ってはっきり言ってくれて。結果的に、仕上がりにも満足できたし感謝していますよ。

kimikoさんkimikoさん

治療を受けてもらいたいからってなんでも引き受けちゃう医師はダメだよね。技術もあって患者さんのことも考えてくれる、本当の意味での名医ってほんの一握り。貴重な存在だと思います。

美容外科スタッフの仮面トーク

初めてほうれい線治療を受ける人におすすめしたい治療法は?

美容外科のスタッフの方は、日頃からほうれい線治療を受ける方と接していますし、治療の知識も豊富です。そんなスタッフさんたちが自分で受けてみたい治療は何なのか…。気になりますよね?そこで、受けてみたいほうれい線治療とその理由を聞いてみました。 ほうれい線治療を初めて受ける方におすすめしたい施術も語っていただきましたよ。

美容外科スタッフの仮面トーク

ほうれい線治療の名医選び、スタッフ目線で語っていただきました

クリニックのホームページで情報収集をする際に注視すべきポイントを伺いました。「個人クリニックを開業してから5年以上」、「様々な治療法に対応していること」、「得意な治療が明確かどうか」など、現場で働くスタッフの目線で語っていただきました。 なかには「一つの悩みに対して一つの治療しか提案できない医師はダメ」という意見も。それは一体なぜなのか?理由も教えていただきました。

美容外科スタッフの仮面トーク

良いクリニック・悪いクリニックの見極め方を指南

美容外科の中には利益重視で治療を押し付けたり、不要な治療を勧めたりするクリニックも残念ながら存在します。治療後に不満を残さないためにも、クリニックの質を見極める目を養っておくことが大切です。「症例写真で、スッピン→バッチリメイクはNG」など、スタッフ目線で悪いクリニックの具体例を挙げていただきました。

Graceful編集部よりひとこと

クリニック選びはシビアな目線を持つことが重要

今回の座談会を通して改めて確信したのが、クリニック選びは「医師」を基準に選ぶべきだということです。多くの人はクリニックの規模や知名度、価格で選びがちですが、「医師の実績と人柄」に尽きます。カウンセリングでも「人柄が良かったから」という安易な理由で医師の良し悪しを判断するのではなく、「メリット・デメリット、リスクまで含めて治療をしっかり説明してくれるかどうか」、「細かな質問にも丁寧に答えてくれるかどうか」など、医師の対応を冷静に分析して決めるようにしましょう。

イメージ
TOP