イメージ

ほうれい線の治療方法 高周波・赤外線・レーザーサーマクール

サーマクールのほうれい線改善効果を解説します。

ほうれい線やたるみ治療で広く使われているサーマクール。深く刻まれてしまったほうれい線にも有効と言われていますが、どんな人に向いている治療なのでしょうか?メリット・デメリットも併せてご紹介します。

サーマクールによるほうれい線の治療法とは

サーマクールが向いているのはこんな人

  • 頬のたるみにより、ほうれい線が目立ってしまっている人
  • 注入療法や糸を入れる施術などに抵抗がある人
  • 肌の引き締め効果や小顔効果も欲しい人
1回あたりの
施術費用(平均)
13~20万円
効果の継続期間 6ヶ月
ダウンタイム ほとんどなし

サーマクールはバージョンアップを重ねてきているたるみ治療器で、現在はサーマクールCPTが上位機種です。皮膚の深部に高周波の熱エネルギーを与えることで、皮下組織にあるコラーゲンの生成を促し、皮膚の弾力やハリを蘇らせる治療法です。ハンドピールを皮膚にあてながら、30分程照射するだけで、大きな若返り効果が得られることから、多くのクリニックに選ばれています。治療後は、すぐに肌のハリを実感できる方が多く、2週間後から3ヶ月にかけてさらにリフトアップしていきます。効果はジワジワと現れるので、周囲に気付かれず、ほうれい線の解消や顔全体のリフトアップが図れます。

サーマクールに期待できる効果

老けた印象を与えるほうれい線。サーマクールを使った治療なら痛みを最小限に抑え、即時的な効果が得られるとともに、肌のキメのなさや開いた毛穴も引き締め、下がった輪郭も引き上げることができ、顔全体で若返り効果を実感できるでしょう。
また、1回の照射で半年から1年ほどの効果が継続的に得られるので、「たるみやほうれい線はどうにかしたいが、美容整形や糸を使ったプチ整形はまだ怖い」と言う方にはアンチエイジング効果も得られるので1度で2度の効果を期待できる嬉しい治療と言えます。

サーマクールに期待できるほうれい線への効果

年齢によって濃くなっていくほうれい線は、実はシワではなくて加齢によって下がってくる頬のタルミが原因だということはあまり知られていません。
サーマクールはほうれい線の上から直接、肌に照射し、肌の真皮層へ熱エネルギーを加えることで大量のコラーゲンを生成し、深く肌に刻み込まれたほうれい線へとダイレクトに効いていきます。
また、コラーゲンの繊維が熱を加えることで収縮するので肌全体が引き上がり、輪郭の引き締まり効果も得ることができます。

サーマクールのメカニズム

サーマクールは高周波治療の中心的な存在で、今も進化を続ける最新治療法の1つ。肌に真皮層にRF(高周波)とよばれる熱エネルギーを直接与え、軽度の火傷を起こさせることにより、肌が自力で傷ついた皮膚細胞を新しく再生する疱瘡効果を狙った再生医療です。
この治療は真皮繊維芽細胞を増やすことで、コラーゲンを大規模に増殖させ肌細胞を約10,000倍に増やし、肌の土台を密度の高い状態へと整えてあげます。高周波の熱エネルギーを加えて肌の土台を整えるため、皮膚のたるみを改善できるのです。
さらに真皮へ高周波を加えることによって、水分を含んだタンパク質が熱で縮むのと同じ現象が発生し、治療直後から肌の引き締まりを感じるため、ほうれい線への即効性も期待できます。
肌そのものを再生させるため、たるみだけではなく、ニキビや毛穴などの肌荒れの改善にも強い効果を発揮する、エイジングケアの強い味方です。

サーマクールのメリット・デメリット

メリット
1回の治療の持続期間が長い。
照射系治療の中には「2週間ごと」「2~3ヶ月ごと」など定期的な通院が必要なものもありますが、サーマクールは半年~1年の効果が得られます。
肌のハリUP効果も得られる
コラーゲン活性促進作用があり、ほうれい線が薄くなるだけでなく美肌効果も得られます。
ゆっくり効果が現れるので、人に気付かれにくい
治療直後は肌の引き締め効果が現れ、その後は徐々にたるみが改善されていきます。強力なリフトアップ効果がありつつも、時間をかけて効果が現れていくので、周囲に気付かれたくない方も安心です。
デメリット
照射時に痛み(熱感)がある
クリニックによっては「痛みがない」「麻酔が必要ない」と書いていますが、実際には痛みを感じる方がほとんどです。痛みが不安な方は医師に相談の上、麻酔を使ってもらうと安心かもしれません。
効果を維持するためには、年1回程度施術を受ける必要がある
照射系治療の中では持続期間が長いですが、手術のような長期的な効果は見込めません。多くの方は、年1回のペースで再施術を受けています。
手術と同程度の効果は期待できない
フェイスラインの引き締め効果に優れているものの、溶ける糸や手術によるフェイスリフトのような劇的な効果は得られません。

サーマクールの治療の流れ

  1. カウンセリング
    患者の悩みや希望をヒアリングし、ほうれい線やフェイスラインの状態を確認し、照射部位やショット数を決定します。
    サーマクールのメリット・デメリットをしっかりと説明してくれる医師でしたら安心して任せることができると思いますので、不安に思うことや特に気になっているたるみなどがあれば遠慮せずに話しておきましょう。この時、痛みに弱いようなら医師と相談し、麻酔の有無も決めておいてくださいね。ただし、麻酔は有料の場合もあるのでご注意を。
  2. 洗顔
    治療部位を洗顔し、清潔な状態にします。
  3. マーキング
    照射する際の目安となるマーキングを行います。
  4. 照射
    テスト照射でエネルギーを調節したら、照射に入ります。照射時間は30分程度で終わります。
    この時、照射するエネルギーが弱すぎても肌の奥に光エネルギーが届かないですし、強すぎてしまうと痛みを伴う顔の腫れが出てしまう可能性がある為、経験豊富な医師が最適な照射力を調整します。
  5. アフターケア
    数分間の冷却後、メイクをして帰宅できます。洗顔・入浴も可能です。
    場合によっては腫れが2、3日続くことがありますが、気になるようなら診察を受けることをおすすめします。

サーマクールの口コミ評判をチェック

「引き締まり感が嬉しいです」/高須クリニック
毎年サーマクールを受けています。前回よりも強い照射でお願いしたので痛みはありましたが、さらに引き締まるならと思って我慢しました。その甲斐あって、前回よりも顔がキュッと締まりました。引き締まり感は時間とともに慣れてしまいますが、肌質もなめらかになり満足です。
「ナチュラルな引き締まり感に満足」/城本クリニック
頬のたるみが気になりカウンセリングを受けたところ、サーマクールを勧められました。痛みがない箇所と、ピリッとした刺激を感じる箇所がありましたが、我慢できる程度でした。治療後は顔がスッキリし、肌色がワントーン明るくなりました。赤みや腫れなど、ダウンタイムが全くないので、誰にもバレずにすみました。
「フェイスラインがスッキリしました」/シロノクリニック
照射時に先生がパワーを調整してくれましたが、フェイスラインを針でチクチク刺されるような痛みと熱さがありました。治療後は、ほてり感と赤みが出ましたが、数時間後には引きました。アフターケアは炎症止めの薬と保湿剤。特にトラブルもなく、肌の引き締め効果をすぐに実感できました。

Graceful編集部から見たサーマクール

サーマクールは大きなたるみにも効果が期待できる点が、最大の特徴です。痛みの感じ方は個人差がありますが、どちらかと言うと熱さやピリピリとした刺激を感じる方が多いようです。完全な無痛にはならないので、痛みが苦手な方は麻酔クリームをお願いすることをおすすめします。

施術自体は安全性が高く、ダウンタイムがないので仕事を休む必要もありません。ほうれい線だけでなく、フェイスラインのゆがみやたるみが気になる方は、サーマクールも選択肢の一つに入れてみても良いかもしれませんね。

イメージ
TOP