TOP » ほうれい線の治療方法 糸を使用した切らない治療(スレッドリフト)
糸を使用した切らない治療<br>(スレッドリフト)

ほうれい線の治療方法糸を使用した切らない治療
(スレッドリフト)

頬のたるみ&ほうれい線を糸で釣り上げ
若々しいフェイスラインへ

溶ける糸・溶けない糸それぞれの特徴を解説

糸を使ったリフトアップは、溶ける糸と溶けない糸の2種類あります。どちらも照射系治療や注入治療に比べて高い引き上げ効果が期待できると言われています。それぞれ、どのような方に適している治療なのでしょうか。施術を受けた方の口コミ・体験談もご紹介します。

スレッドリフトによる
ほうれい線の治療がオススメな方

糸を使ったスレッドリフトが適している方の特徴を解説します。

  • ・若返りに興味があるけど、忙しくて何度も施術が受けられない人
  • ・フェイスライン全体を持ち上げたい人
  • ・引き上げ効果も持続期間も高い治療を希望する人

スレッドリフトは皮膚の内部に糸を埋め込み、皮下組織を引き上げる施術です。皮膚を切開せずに進行したたるみを改善できるため、「引き上げ効果」を重視する人にはおすすめ。1度施術をすれば基本的にアフターケアは必要ないため、忙しい人にも適しています。

糸の種類から見る3種類のほうれい線治療法

溶けない糸~治療直後から劇的な効果を得たい人に~

スレッドリフトは溶ける糸、溶けない糸の大きく二つに分かれます。金の糸は、溶けない糸に分類されますが、特殊な素材として「金の糸」は個別に取り上げてみました。各ページでは、それぞれの治療のメリット・デメリット、期待できる効果などをまとめていますので、ぜひご覧ください。

溶けない糸のメリット

ヒアルロン酸注入やマシンによる照射治療、そして溶ける糸による治療と比較して、長期的なほうれい線のリフトアップ効果が得られることが最大のメリットです。こめかみあたりに小さな穴をあけるだけで糸を埋め込めるため、メスを使用する方法と比べて傷跡が残る可能性が圧倒的に少ないです。伸縮性のある最新の糸を使用しているクリニックで施術を受ければ、仕上がりも自然になると言われています。

溶けない糸のデメリット

伸縮性のない糸を使用するため、腕の良い医師が施術をしないと、不自然に吊り上がったような仕上がりになってしまう可能性があります。さらにせっかく長期的に効果のある方法でも、引っ掛かりが取れてしまうことがあり、元に戻ってしまうことも。また、安全な治療ではありますが、頭痛や引きつれに悩まされる人もごくたまにですがいるという報告が挙がっています。

植物性ポリマーや生分解性ポリマーといった、主に外科手術の際に体内組織の縫合に使用されるものと同一素材の糸を使用したリフトアップ方法です。頬をしっかりと引き上げると共に、皮下組織を刺激することによって、コラーゲンやエラスチンといった肌本来のハリ成分の生成を促し、ほうれい線をケアします。ゆっくりと溶けていくことで効果は薄れていきますが、それでもコラーゲンやエラスチンが生成されることによって、ある程度長期的な効果が見込めるのが魅力です。

いずれは体内に吸収されていく糸を使用するため、非常に安全性が高く、心理的にも安心感がある治療方法です。溶けない糸で施術を行った場合、糸を除去するのが非常に難しく、新たに施術を受けられない可能性もありますが、溶ける糸ならば何度でも新しい悩みに対してアプローチが可能です。溶けない糸に比べて効果のある時間は短いですが、コラーゲン生成の促進などでお肌に長期的なハリを与えてくれるのもメリットだといえます。

使用している素材や医師の腕によっては、せっかく施術を受けても効果が薄かったり、1年未満しか効果が持続しなかったりという可能性も否定できない治療方法です。せっかく痛みを我慢したのにもかかわらず、ベストな状態に保てたのは一瞬だった…なんて口コミも見られました。それとは反対に、糸が上手く溶けなかったという報告もあり、中途半端な長さになった糸が頬から飛び出してきてしまったという事例もあります。また、これは溶けない糸と同様に、頭痛や引きつれに悩まされる人もいるため、必ず医師の腕が確かなクリニックで施術を受けるようにしてください。

金の糸とは、文字通り金でつくられた極細の糸を肌に埋め込むことで、肌のハリやたるみを改善する美容施術です。真皮の下に金の糸を埋め込むことで、コラーゲンやエラスチンの生成を促し、さらにターンオーバーの正常化もできます。一度埋め込めば何度も通院する必要がなく、総合的な美容効果の期待できる画期的な方法ですが、深く刻み込まれたほうれい線を完全に消すほどの劇的なリフトアップ効果はありません。

金の糸のメリットは、長期間に渡り総合的な美容効果が得られるという点です。金を埋め込んだ部分の自然治癒力を活性化する方法ですので、コラーゲンやエラスチンが増加すれば、ほうれい線だけでなく他のたるみや毛穴の開き、そしてターンオーバーの正常化によるシミやくすみの改善にも効果が期待できます。効果は半永久的と表現するクリニックもありますが、加齢なども考えると5~10年程度と考えておいてくださいね。

残念ながら金の糸は2018年の現段階で、美容効果が科学的には保証されていない状態です。確かに効果があったという口コミ評判は多いですが、日本美容医療協会では正式な治療法として認めていないことを知っておきましょう。金アレルギー反応も可能性は0%ではないことも留意すべきです。またMRI検査やサーマクールなどの照射系の治療が受けられない可能性があるという、意外なデメリットも。金の糸が熱をもって、内部から火傷を発生させることがあるため、事前に必ず申告をする必要があります。一度埋め込むと取り出すのが非常に困難(ほぼ不可能)なため、よくよく検討してから施術を行うようにしてください。

溶ける糸・溶けない糸・金の糸、それぞれの治療法についてご紹介します。

スレッドリフトは溶ける糸、溶けない糸の大きく二つに分かれます。金の糸は、溶けない糸に分類されますが、特殊な素材として「金の糸」は個別に取り上げてみました。各ページでは、それぞれの治療のメリット・デメリット、期待できる効果などをまとめていますので、ぜひご覧ください。

溶けない糸
スプリングスレッドリフトやシルエットリフトなど、皮膚に吸収されない糸を使った施術について解説します。
溶ける糸
新世代スレッドリフトやハッピーリフト、ウルトラVリフトなど、皮膚に吸収される糸を使った施術について解説します。
金の糸
純度99.9%以上の純金の糸を使った施術のリフトアップ効果や注意点をまとめました。

スレッドリフトの施術を受けた方の声

溶けない糸、溶ける糸、金の糸の各治療を受けた方の感想を取り上げてみました。

溶けない糸の施術を受けた方の声
1本54,000円~と高めでしたが、気になっていた頬のたるみが改善され、半永久的な持続効果があるということなので安上がりだと思っています。
溶ける糸の施術を受けた方の声
左右2本ずつ、4本入れました。頬のコケが目立たなくなり、久しぶりにモチッとした弾力を実感できました。怖いイメージがありましたが、こんなに手軽で痛さも少なく、即効性があるとは思わず、嬉しかったです。
金の糸の施術を受けた方の声
6年前、金の糸を入れました。たるみは劇的に良くなりませんが、肌のキメは整いました。同世代の女性よりは毛穴もはるかに小さく、皮膚科でも驚かれます。今はさすがにたるみが気になり始めたので別の治療も追加しようと考えていますが、私は受けて良かったと思っています。

糸によるほうれい線治療Q&A

糸を使った治療によくある質問にお答えします。

スレッドリフトは、切るリフトアップ手術よりもリスクが少なく、ある程度の高い効果が期待できる施術です。とはいえ、痛みや安全性、ダウンタイムなど気になるポイントが多々あると思います。そこで、糸を使った治療でよくある質問とその回答例を抜粋してみました。

編集部より:スレッドリフトの選び方

スレッドリフトをしたい方に向けて、クリニック選びのポイントをまとめました。

糸を使った施術は、1回の施術で大きな収穫が得られるのが魅力です。常にポニーテールをしているように頬が引き上がり、フェイスラインも引き締まるので、ほうれい線も目立たなくなります。ただし、医師選びを間違えると、仕上がりが不自然になったり、糸が飛び出るなどのトラブルが起きたりします。クリニックの名前で選ぶのではなく、医師のスキルに着目して選ぶのが鉄則です。複数の医師が在籍するクリニックだと、必ずしも名医にあたるとは限りません。医師の実績、症例を必ず確認してください。

イメージ

Graceful編集部認定ほうれい線のスレッドリフト治療の名医

糸を使った治療の名医は限られています。症例数が多い、得意な術式が確立されている、他院修正の実績が豊富、口コミの評価が高い医師を選ぶようにしましょう。これらの条件を満たした名医を紹介しますので、ぜひご参考ください。

筒井裕介

筒井裕介

セオリークリニック

新世代スレッドは、腫れが少ないと評判!

医師の経歴
2003年 順天堂大学医学部卒業
順天堂大学形成外科助手
オザキクリニック勤務
2009年 セオリークリニック開院
所属学会
  • 美容外科専門医
  • 日本形成外科学会会員
  • 日本美容皮膚科学会会員
  • サーマクール認定医
  • 日本美容外科学会会員
  • 日本臨床抗老化医学会会員
  • 日本再生医療学会会員
スレッドリフトの名医と呼ばれる理由は?
筒井医師は独自に開発した溶ける糸の施術「新世代スレッドリフト」を得意としています。内出血を防ぎ、自然な仕上がりを導く術式で、口コミでも「腫れが少ない」と喜ぶ声が多数。他院修正も積極的に受け入れ、実績数も豊富です。物腰も柔らかく、カウンセリングも丁寧と評判。一人ひとりのたるみの原因を見極め、適切な施術を行っているため、満足度が非常に高いようです。
筒井先生が得意とする糸によるほうれい線の治療
新世代スレッドリフト
新世代スレッドリフトとは、従来のスレッドリフトが苦手としていた顔表面のリフトアップ効果を改善した、最新のほうれい線治療方法です。従来の糸によるリフトアップは、伸縮がない糸で顔の側面の上下2点を固定し肌を引き上げていたため、不自然な状態になることもしばしば。それに対し新世代スレッドリフトは、全体にコグ(突起)があり、なおかつ柔軟性のある糸を使用することにより、糸全体を頬の筋肉に沿う形で固定されるため、しなやかな動きが実現します。止める点が多いため引き上げ効果は高いにもかかわらず、自然な仕上がりです。使用する糸の素材は心臓手術の縫合にも使用される安全なもので、180~240日で体内に吸収されます。先端が丸い針で挿入するため内出血などもなく、即効性があるのにダウンタイムもないという、ほうれい線治療に最適な治療法です。筒井先生の得意施術でもあります。
リードファインリフト
リードファインリフトとは、ポリジオキサノン(PDO)という医療用の素材で作られた極細の糸を、肌の内部に埋め込むことによってリフトアップ効果を得る治療法です。お肌の真皮層に直接刺激を与えることで、肌のハリを支えるコラーゲンを生み出す線維芽細胞を活性化。肌内部の繊維の伸びやたるみを改善させます。挿入した糸は8~12ヵ月ほどで体内に吸収されますが、生成されたコラーゲンは残り続けるため、長期的な効果が得られるのが特徴です。極細の糸を美容鍼のような極細の針で挿入するため、内出血や腫れなども起こりにくく、ダウンタイムもほとんどありません。ナチュラルに、でもすぐにほうれい線治療の効果を得たい人にオススメと言えます。
筒井先生の口コミ評判
期待以上の仕上がりで非常に満足しています
数年前から気になっていたほうれい線がこの1年ですっかり深くなってしまい、常にマスクをしているような生活が続いていました。もう手術をするしかないと思いネットでいろいろ調べたところ、エイジング治療で評判という筒井先生を知り、新世代スレッドリフトに惹かれてカウンセリングを受けました。ただ治療の話をするだけでなく、なぜほうれい線ができてしまかったのか、本当にすべき治療は何かなど、時間をかけて説明してくださって、この先生なら間違いないと思い治療をお願いすることに。新世代スレッドリフトを16本ずつとヒアルロン酸注射を受けた結果、1ヵ月ほどで嫌で嫌で仕方なかったほうれい線の溝がほとんどなくなりました。想像以上の仕上がりで本当に嬉しくて、非常に満足しています。先生には感謝の言葉しかありません。
老け顔がガラッとかわってくれました
元々は目の下のクマをどうにかしたくて、名医として知られていた筒井先生の施術を受けました。ずっと悩んでいたクマをキレイにしてくれた先生を、とても信頼しています。その先生が得意な施術がほうれい線の治療だと知り、しっかり若返りをしたいという気持ちもあって、そちらもお願いしました。施術を受けた当日は少し赤みが出ましたがすぐに収まり、痛みや腫れに苦労することもほとんどありませんでした。それなのに顔の印象は一気にガラッと変わって。同年代と比べて老け顔なのを悩んでいたのがウソみたいです。また気になることが合ったら、先生に相談したいと思います。
中西雄二

中西雄二

表参道スキンクリニック

金の糸や他院修正を得意とする医師

医師の経歴
1983年 藤田保健衛生大学 大学卒業・入局
1989年 トヨタ記念病院形成外科部長
1990年 藤田保健衛生大学形成外科学教室講師
1996年 慶應義塾大学講師(伊勢慶應病院形成外科)
2000年 慶應義塾大学助教授(伊勢慶應病院形成外科)
2002年 第一なるみ病院形成外科部長
2004年 ヴェリテクリニック総院長 (藤田保健衛生大学形成外科学教室客員准教授)
2015年 医療法人 青貴会 ワイエス美容外科クリニック 開設 院長 就任
2015年 ワイエスグループ院 統括医療部長 就任
(現在 藤田保健衛生大学形成外科客員准教授)
所属学会
  • 日本美容外科学会
  • 日本形成外科学会(評議員)
  • 国際美容外科学会
  • 国際形成外科学会
  • 日本頭蓋顎顔面外科学会
  • コンピュータ支援外科学会
  • 等々計20学会会員
資格
  • 医学博士
  • 日本形成外科学会専門医
  • 日本美容外科学会専門医
スレッドリフトの名医と呼ばれる理由は?
中西医師は形成外科と美容外科の両方の専門医資格を持つエキスパート。解剖学に基づいた安全な方法で施術を行い、腫れずに自然な仕上がりを実現しています。得意とする金の糸のフェイスリフトは、一般的に賛否両論ある治療法ですが、「最もアレルギーが起こりにくく、安全性に長けた素材」と断言し、自信を持って推奨しています。実際に金の糸を受けた女性の満足度も非常に高いです。
中西先生が得意とする糸によるほうれい線の治療
ツヤ肌コラーゲンリフト
従来のフェイスリフトに使用するものよりも1/3ほどの細さの糸を使用するツヤ肌コラーゲンリフト。なぜそんな細い糸でも大丈夫かというと、先端に着いたアンカー(カギ針形状)が、しっかりと頬のたるみを引き上げた状態を維持するから。この特殊なアンカーと細い糸のおかげで、今までは難しかった額やネックライン、チークラインなど、顔全体を引き上げることができるのです。1年ほどで糸は体内に吸収されますが、刺激によって受けたコラーゲンの生成促進効果は、長く持続します。アメリカ、韓国、日本で特許を取得しているこの糸は、日本国内でも表参道スキンクリニックのみが使用しているそうで、まさに独自の施術だといえます。
金の糸
純度の高い金でつくられた髪の毛ほどの細さの糸(0.07~0.1mmほど)を、肌内部に埋め込むことでハリを取り戻し、ほうれい線をリフトアップする施術です。金の糸が真皮に挿入されると体は異物であると感じ、お肌を修復しようと活性化。コラーゲンやエラスチンといった肌が本来持っているハリ成分をつくりだすことによってお肌が若々しくなるのです。メスを使わないため傷跡が残る心配がないことも、金の糸が人気の理由の1つ。また表参道スキンクリニックで使用している糸は、アレルギー反応を招きにくい純度99.99%の24金のものみ。伸縮性にも優れているため、顔のラインにピッタリフィットして肌全体をカバーしてくれます。
中西先生の口コミ評判
自分自身で「若返った」という感覚があります
20代のころに比べて、とても老けたな…という風に感じていました。頬のたるみを何とかしたいと思っていたところ、リフトアップもできるしお肌もキレイになるというツヤ肌コラーゲンリフトを知りました。評判を調べてみたら悪い口コミがほとんどなかったので、お願いしてみることに。ドクターはお忙しいようですが、カウンセラーの方が説明などをフォローしてくれたので心配はありませんでした。施術直後は腫れが出ましたが、日常生活には影響ありませんでした。痛みもなかったです。周りからは最近元気になった?と聞かれますし、自分自身でも「若返った!」と思える感覚で嬉しいです。ドクターにとっても感謝しています。
ヒアルロン酸注入より即効性も効果もバツグンでした
いままで何度かほうれい線へのヒアルロン酸注入をしていましたが、もっと効果的で即効性のある方法がいいなと考えて、いろいろ探したところツヤ肌コラーゲンリフトにたどり着きました。肌に糸を入れるというのは少し怖かったのですが、カウンセラーの方が症例写真を見せつつ丁寧に説明してくれたので安心でした。実際に施術中に痛みはほとんどなくて(麻酔がちょっと痛かった)、さすがは名医と呼ばれる先生だなと思いました。期待していた通り即効性も効果もバツグンで、とっても満足しています。糸が溶けきったら、また施術を受けたいです。
TOP