TOP » ほうれい線の原因は何?対策法と合わせて紹介!

ほうれい線の原因は何?対策法と合わせて紹介!

働く女性の美しい毎日を応援する Graceful

イメージ

ほうれい線はなぜできる?
原因と対策をチェック!

歳を重ねるごとに気になってくるのがほうれい線。こちらでは、ほうれい線ができてしまう原因や対策法について解説しています。

ほうれい線ができる原因と適切な対策法を知ろう

年齢を重ねるごとに、顔のさまざまな部位にシワやたるみが目立ってきます。その中でも特に気になるのが、ほうれい線。ほうれい線は顔の目立つところにでき、印象を大きく左右してしまうことから、「若く見えるか老けて見えるか」の鍵を握っているとも言えます。

ほうれい線は深く大きな溝であるため、化粧で隠すのも難しいもの。しかし原因を知り適切に対策をとれば、目立たなくしたり予防したりすることも可能です。その原因・対策は、意外にも日常的なことが関係しています。

ほうれい線の原因

ほうれい線が深く刻まれてしまう原因を見てみましょう。

真皮組織の減少
お肌のハリや弾力をもたらすコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸といった組織は、加齢や紫外線、喫煙などで減少し、たるみ・乾燥を引き起こしてほうれい線の原因となります。
脂肪細胞の肥大化
頬にある脂肪細胞が増加して肥大化すると、お肌はその重みを支えきれません。結果、脂肪細胞と皮膚組織の間の繊維組織、また脂肪組織を包むネット状の組織が伸びてたるみにつながるのです。
むくみによるもの
顔に水分や老廃物がたまってむくんでしまうと、脂肪細胞の肥大化と同様に重さに耐えきれなくなったお肌が伸びてしまう可能性があります。

ほうれい線の対策

では、ほうれい線の改善や予防をするには、どのような対策法があるのでしょうか。

スキンケアをきちんと行う
前述のように、加齢や紫外線、喫煙によってお肌の組織はダメージを受けます。これを防ぐために、コラーゲンやヒアルロン酸を配合したスキンケア化粧品ほか、化学物質を含まないノンケミカル化粧品などを使ってしっかりケアを行うことが大切です。
代謝機能を上げる
真皮組織の減少や顔のむくみは、組織の生成や水分・老廃物の排出を促す代謝活動の鈍りが原因です。代謝をアップするには体を温めたり、運動をしたりして血流を促進させましょう。

ほうれい線の原因の1つは乾燥!対策法はある?

女性を老けて見せるほうれい線は、さまざまな原因で深く刻まれていきます。たとえば加齢によるものの場合は、真皮組織の衰えや脂肪組織のたるみ、むくみといったものが考えられるでしょう。一方、10代や20代の若いお肌でほうれい線が目立ってくるケースでは、たるみ以外に原因があると言えます。こうした原因を的確に突き止めることで、正しい対策をとることが可能です。こちらでは、ほうれい線の原因別に対策法をご紹介します。

紫外線対策グッズを利用して
ほうれい線を防ぎましょう

紫外線にはUV-A、UV-B、UV-Cの3つの種類があります。このうち、夏に多く有害性が高いのがUV-B、通年を通して多く降り注いでいるのがUV-Aです。このふたつをきちんと防がなければ、ほうれい線が深く刻まれることになりかねません。ほうれい線予防のためには、正しく日焼け止めを活用することが大切。効果的な塗り方や選び方を知っておきましょう。シーンに合わせて、UVカット帽子やUVカットマスク、日傘といったグッズも組み合わせてみてください。

ほうれい線対策には喫煙習慣を改めることが大切

「タバコは体に良くない」という事実は、多くの女性が知っていることでしょう。喫煙によって発生する活性酸素、血行不良は健康に悪影響を及ぼすだけでなく、肌トラブルまでをも引き起こしかねません。そしてほうれい線も同様に、喫煙によってどんどん悪化します。ほうれい線が気になる方は、喫煙習慣を改めるべく禁煙外来などの利用を検討してもいいかもしれません。それと同時に、ほうれい線リスクを軽減させる生活習慣を意識することも大切です。

食生活を根本的に見直してほうれい線ケアを

食生活は、ほうれい線に大きく関わっています。食事によって摂取する内容はもちろんですが、食事の摂り方や食べ方によってもほうれい線が増えたり、予防につながったりします。ほうれい線を予防したい場合には、まずは食事の仕方や内容を見直して、正しい食生活を取り戻すことが必要です。食事は私たちの体を作り、お肌の調子を整えるために欠かせないもの。良い食品を選び、正しい食事の仕方を身につけましょう。

むくみによるほうれい線の予防方法

むくみによってできたほうれい線は、顔の余分な水分を調節することで改善することができます。むくみは水分が溜まって起こるものですが、その原因を知ることで予防することも可能です。また、むくんでしまった場合には、運動やマッサージ、ツボ押しなどを取り入れ、顔のリンパの循環を促すことで、むくみの解消につながります。むくみケアは日常の中でできることが多いので、ケアをして良い状態を維持しましょう。

ほうれい線の原因は肌の真皮のダメージ

ほうれい線の原因は、年齢というよりもむしろ「肌の仕組み」そのものにあります。皮膚のハリを支えているのは、肌の表面から0.2mmほど奥にある真皮部分に含まれるコラーゲンやエラスチンなどの組織です。これらの合成がうまくいかなかったり、組織自体がダメージを受けたりすると、ハリを保つことが難しくなりたるみが起こります。たるみによる深いほうれい線を防ぐには、真皮へのダメージになる要因を避ける必要があるでしょう。

ほうれい線は表情筋のケアで予防と改善

ほうれい線が気になりだしたら、表情筋の衰えに注意が必要です。顔の皮膚と複雑につながった表情筋は、年齢とともに細く衰え、それと同時に肌も一緒にたるませます。もし頬のたるみを感じているなら、表情筋のケアは不可欠でしょう。「ほうれい線が気になり笑う回数が減った」という方は、むしろ逆効果。笑顔をはじめとした表情筋エクササイズを取り入れることで、たるみ・ほうれい線の改善が大きく期待できます。難解な手順はなく、場所も選ばないため今すぐチャレンジできるはずです。

ほうれい線はダイエットでも増えることがある

ほうれい線の大きな要因は肌のたるみ。一方、体を引き締めるために行うダイエットですが、じつは減量がたるみの原因になることもあります。過度なダイエットは体重の急激な減少やリバウンド、過剰な食事制限を伴い、それが肌のたるみの発生につながるのです。「間違ったダイエットをしたために、ほうれい線ができてしまった」ということのないように、あらかじめダイエット中に避けたい項目をチェックしておきましょう。

姿勢の改善でできるほうれい線のケア

加齢が原因と考えられがちなほうれい線ですが、じつは日々の姿勢から悪化することもあります。悪い姿勢をとり続けることで筋肉が衰え、顔の皮膚を支えられなくなって、肌も下へ下へと引っ張られてしまうためです。ほうれい線が気になる人は、まず自分の姿勢をチェックしてみること。もし悪い姿勢に当てはまっていたら、ほうれい線の予防・改善のためにも、筋肉を緩めさせない正しい姿勢の習慣づけを心がけましょう。

TOP